ビックブッタを見ると、ほっとする

IMG_0960

北鎌倉駅から浄智寺への細い道を進むと、ゆるやかな坂道

小高い丘からは 鎌倉の町並みごしに海が輝いて見える

葛原ヶ岡神社でコンビニおにぎりでお昼をいただき

源氏山付近で、こならの実を拾い 大仏切り道しを

抜けると ビックブッタ(大仏)と出会える

ビックブッタとは小学生遠足以来からの付き合いだ

鎌倉時代から世の中の移り変わりを見てきたビックブッタに

今をたずねてみると

「辛く苦しいと思えば辛い、楽しい愉快だと思えば幸せと」

言われたような気がする  いいハイキングだった。

奥多摩温泉 「もえぎの湯」

blog01
日本列島最古の地層といわれる古生層から湧き出る温泉で
体もぽかぽかになりました。

近くにある「昔し道」と書いてある小さな看板に従って行くと
そこは奥多摩から江戸に続く青梅街道の古道でした

道を進むと素敵な吊り橋との遭遇や虫歯の痛みを封じ込めていただける
石仏とも出会えました

それにしても狭い道で片側は切り立つ岩肌、もう片方は眼下にエメラルドグリーンに
輝く白丸湖と目がくらみそうです

その昔 荷物を積んだ馬などのすれ違いはどの用にしていたのか?
この前のスケートでの事故のようなことなかったのか心配になりましたが

そこは、昔のこと のんびりとした時間と共に 山歩きで見知らぬ人ともすれ違う時には
挨拶をして道を笑顔で譲り合ったに違いないと思うと、紅葉する奥多摩の大自然に包まれて
心までぽかぽかになった一日でした。